ブログ

2020.09.07

疲労回復につながる食事

みなさんこんにちは!!

最近は、ひたすら暑いですね…。

ストレス、疲労溜まってきているのではないでしょうか??

 

日々のストレスで疲れている時こそ、休養と共に快食や快眠を心がけ、脳にエネルギー補給をしてあげることが大切です。

 

ストレスがたまった時に、無意識に何かを口にしてしまったり、やけ食いをしてしまったりという経験がありませんか?

食欲がコントロールできない状態というのは、脳が疲れている兆候といえます。

こういう時にこそ、快眠や快食など自分が気持ちよいと思えることを積極的にしていくことが大切。「快」の気分を得ることで脳は元気になっていきます。

ところが私たちは、脳の健康に必要な「快食」をすることが難しくなっています。

“糖質制限”や“カロリー制限”など、美容や健康のために食欲は制限するべきもの、と無意識に思ってしまっているのです。

そこでおすすめしたいのが、快食療法」です!!

「快食療法」とは、1日3食や、決まった時間に食べるなどの概念に縛られず、「お腹が空いた時に、快いと感じる量や環境で食事を摂る」というものです。

この食べ方を実践すると、太るのが心配という人もいるでしょう。

「肥満の野生動物なんていませんよね?本能で生きる野生の動物は、お腹が空いたら食べ物を探し、空いていない時に無駄に食べたりはしません。快食療法は、乱れている人間の本能を本来の形に戻し、正しい食欲と共に、心身の健康を取り戻すためのものです」
と横倉先生。

気になる「快食療法」の極意はこちら。

①時間にとらわれず、心地よい空腹感が起きてから食べる。

②体によいか悪いかではなく、自分の味覚を優先し、食べたい物を食べる。

③他のことをしながらではなく、おいしく、楽しく、食べることに集中する。

④食べ過ぎてしまった時も、罪悪感はもたないこと。

⑤食べ終わったら、「ああ、おいしかった」と声にすると、満足感が倍増。

 

時間にとらわれずに食べるとはいっても、勤務先や学校などでは昼食の時間が決まっていますし、現代人が本能を優先して生活するのは簡単ではありません。

ですから例えば、お昼休みにちゃんとお腹が空くように、朝ごはんの時間や量を調整するなど、そこは理性の力で知恵を絞って取り組んでみることが大切です。

 

ダイエットもいいですが、生活で一番といっても良いほど幸福感に浸れる食事

ストレスを溜めないためにも、ぜひ実践されてみいかがでしょうか!!

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!!!!

2020.08.29

捻挫について -応急処置編ー

みなさんこんにちは!!

今日は前回お話させて頂いた捻挫!

その、なってしまった時の応急処置についてお話していきたいと思います!

 捻挫してしまったら、まずはすぐに「RICES処置」を行いましょう。

最初の応急処置が、治癒までの期間を大きく左右するといっても過言ではありません。重症度にもよりますが、1~2週間程度は患部を固定し安静にして過ごします。痛みや腫れが治まってきたら、今度は元の状態に戻すためのリハビリを開始。完全に治った状態まで戻すためには、1か月程度かかると考えておくとよいでしょう。

RICES処置とは「R=休息(安静)【rest】」「I=冷やす【ice】」「C=圧迫【compression】」「E=挙上【elevation】」のそれぞれの頭文字をとったものとなっております。

 また、足首の捻挫だからといって軽く考えてしまい、応急処置やリハビリを怠ってはいけません。足首が腫れた状態のまま治ってしまい、元の細さには戻らなくなってしまいます。軽い捻挫だと思っても、しっかり応急処置を行うようにしましょう。

 

また、捻挫はよく癖になるといいますが

これは、靭帯を1度損傷してしまうと完全に元と同じ状態には戻らず、損傷してしまった状態で治っていくことによって足首の固定力が弱まり、捻挫を繰り返すたびに“捻挫をしやすい状態”になってしまうからです。

 なお、「靭帯が伸びる」と表現されることがありますが、これは適切ではありません。なぜなら、靭帯は伸び縮みする組織ではないからです。部分的に損傷することによりしっかり固定されていたものが緩み、本来の可動域以上に関節可動域が広がりやすくなってしまう。つまり、足首が緩くなってしまうのです。

 足首の緩みを改善しなければ、捻挫は繰り返します。しっかりリハビリを行って足首まわりの筋力を高めることが、捻挫をクセにしないポイントです。

 

今日も最後までブログを読んでいただきありがとうございました。☺☺

ももの花整骨院南福島院🌸

℡0245028212

住所・福島市鳥谷野字舘5番

営業時間・9:00〜11:30

14:00〜19:30

水、土曜日は9:00〜13:30

休診日・日曜、祝日、水・土曜日は午後

.

福島市随一の猫背矯正

.

女性が安心して通える整体院

腰痛、肩こり、骨盤の歪み

・ほぐし、マッサージ

・骨盤矯正、猫背矯正

・産後骨盤矯正

・JOYトレ

・鍼灸治療

・交通事故治療

・パーソナルトレーニング

.

・キッズスペース完備

・保健師在籍

・赤ちゃん、子連れOK

時には自分の身体をいたわる時間を作ってみませんか?

当院にいらっしゃった際はご自身の身体を一番に

考えられるようなリラックスできる環境で

迎えることができたらと思っております。

皆さんが笑顔あふれる毎日を過ごせますよう

スタッフ一同全力でサポートさせて頂きます(^^)🌸

2020.08.20

捻挫について!! 

みなさんこんにちは!!

今日もブログを読んで頂きありがとうございます!!

 

今日は捻挫について、お話していきたいと思います!

まず!捻挫とは!!

外力により関節が可動域以上に捻られることによって起こる傷害です。

人体には骨と骨をつないでいる靭帯という組織がありますが、捻挫ではこの靭帯や関節を包むようについている関節包という組織を損傷してしまいます。

この捻挫は、関節のある部分であればどこでも起こり得るもの。しかし、その中でもっとも多く発生する捻挫が、足首での「足関節捻挫」です。 

 足関節捻挫には、「内反捻挫」「外反捻挫」という2つの種類があります。それぞれの捻挫について、よく理解しておきましょう。

 

 

まず、内反捻挫についてですが!!

足首を内側に捻った際に起こる足関節捻挫です。歩行時やスポーツ時に足首をグキッと捻ってしまったという場合は、ほとんどがこの内反捻挫です。内反捻挫では、足首の外側にある靭帯を損傷します。

 

そして、次に外反捻挫が

足首を外側に捻った際に起こる足関節捻挫で、足首の内側にある靭帯を損傷します。内反捻挫に比べて発生率が低く、その理由として足首の内側の靭帯が大きく強いことと、足首が外側に捻りにくい構造になっていることが挙げられます。

 捻挫にはⅠ度・Ⅱ度・Ⅲ度と重症度があり、靭帯の損傷度によって重症度が決められます。Ⅰ度は、靭帯の微細な損傷だけのもっとも軽い捻挫。Ⅱ度は靭帯の部分断裂、Ⅲ度は靭帯の完全断裂です。Ⅲ度ともなるとギプス固定されるほどの重傷で、下手をすると骨折の方が早く治るくらいの大怪我になってしまいます。

なので、なかなか捻挫も侮れないのです!!

 

もし、捻挫をしてしまったら当院におこしください!

 

今日も最後までブログを読んでいただきありがとうございました。☺☺

ももの花整骨院南福島院🌸

℡0245028212

住所・福島市鳥谷野字舘5番

営業時間・9:00〜11:30

14:00〜19:30

水、土曜日は9:00〜13:30

休診日・日曜、祝日、水・土曜日は午後

.

福島市随一の猫背矯正

.

女性が安心して通える整体院

腰痛、肩こり、骨盤の歪み

・ほぐし、マッサージ

・骨盤矯正、猫背矯正

・産後骨盤矯正

・JOYトレ

・鍼灸治療

・交通事故治療

・パーソナルトレーニング

.

・キッズスペース完備

・保健師在籍

・赤ちゃん、子連れOK

時には自分の身体をいたわる時間を作ってみませんか?

当院にいらっしゃった際はご自身の身体を一番に

考えられるようなリラックスできる環境で

迎えることができたらと思っております。

皆さんが笑顔あふれる毎日を過ごせますよう

スタッフ一同全力でサポートさせて頂きます(^^)🌸

2020.08.17

冷シップ 温シップの使い分けについて

みなさんこんにちは!!

お盆休日をいただきありがとうございました!!皆様はいかがお過ごしだったでしょうか??

 

今日は、痛む部位は冷やすべきか、温めるべきかについてのおはなしです!

痛みのある箇所に対して「温める」といわれたり「冷やす」といわれたり・・・。打ち身などには「冷やす」のが一般的のようですが、どちらが正しいのでしょう。
 今回は湿布薬と呼ばれることの多い貼付剤を例にご紹介します。

 皮膚に貼付する製剤としては、水を殆ど含まない基剤のテープ剤と、水を含む基剤のパップ剤があり、含有成分の違いで「冷感」、「温感」となります。冷湿布にはメントール・カンフル・ハッカ油などのヒンヤリ成分が、温湿布はカプサイシン(唐辛子の成分)などの暖かく感じる成分が入っています。
 では、それぞれの湿布はどのような疾患に適しているのでしょう。

 冷湿布は主に急性疾患で、赤く腫れ、熱を持ち、痛みがある状態に用いられ、特に打撲や捻挫などの外傷性炎症の初期(最初の5~7日間)に繁用されます。冷却効果により血管を収縮させ、血液の流れを穏やかにし、その結果、抗炎症効果や鎮痛効果が得られます。
 温湿布は主に急性期を過ぎた慢性・亜急性の症状で、局所が冷たく、筋肉がこわばって動かすと痛みがある状態に用いられます。特に肩こり、腰痛、慢性期の関節炎に繁用されます。温熱刺激により血管が拡張し、血液循環が改善され、その結果、筋肉の凝りをほぐし鎮痛効果が得られます。

 以上が基本ですが、一般的な使い分けの目安としては、入浴時に痛みがよくなるような時は温湿布を使い、痛みが増すような時は冷湿布にすると言われています。

 

今日も最後までブログを読んでいただきありがとうございました。☺☺

ももの花整骨院南福島院🌸

℡0245028212

住所・福島市鳥谷野字舘5番

営業時間・9:00〜11:30

14:00〜19:30

水、土曜日は9:00〜13:30

休診日・日曜、祝日、水・土曜日は午後

.

福島市随一の猫背矯正

.

女性が安心して通える整体院

腰痛、肩こり、骨盤の歪み

・ほぐし、マッサージ

・骨盤矯正、猫背矯正

・産後骨盤矯正

・JOYトレ

・鍼灸治療

・交通事故治療

・パーソナルトレーニング

.

・キッズスペース完備

・保健師在籍

・赤ちゃん、子連れOK

時には自分の身体をいたわる時間を作ってみませんか?

当院にいらっしゃった際はご自身の身体を一番に

考えられるようなリラックスできる環境で

迎えることができたらと思っております。

皆さんが笑顔あふれる毎日を過ごせますよう

スタッフ一同全力でサポートさせて頂きます(^^)🌸

2020.08.12

お盆はどう過ごされますか??

みなさんこんにちは!!

今日は少しラフなお話しをしていこうかとおもいます!!

 

あっという間に、お盆の季節になりましたね!!

もう、お休み入ってる方もこれからという方もいるでしょう!!

当院も16日までお休みをいただきます!!!!!!

なかなか、外出をするのは難しい季節ですねよねぇ…。

 

そこで、少しでもご自宅で猫背や肩こりの予防になるトレーニングをお教えさせて頂こうかと思います!!

 

ぜひ簡単なのでやってみてくださいね!!

 

2020.08.07

顎関節症について!!

  • みなさんこんにちは!!
  • やっと梅雨があけて蒸し暑い日が続いてますね…。
  • こんな日はすいかでもかじりつきたいですね!!
  • そして、かじりつくといえば、大きな口を開けたときに痛みや、雑音がでたりしませんか??

 

  • 今日は、顎関節症についてお話していきたいと思います!!
  • ちなみに、みなさんはこんな症状はありませんか??

 

1、顎が痛くなる

  • 何をしなくても顎や、そのまわりに痛みがあります。
  • 口の開閉でとくに痛みがあり、ちょっと顎を動かしても痛むことがあります。
  • 硬いものを食べると顎が痛くなります。

 

2、口を大きく開けることができない

  • 大きなアクビやリンゴの丸かじりができません。
  • 人さし指から薬指までの指3本が入るところまで口が開きません。

 

3、顎が疲れてくる

  • 食べ物をかんでいると顎がだるくなります
  • しゃべっていると顎がくたびれます。

 

 

4、口を開けると音がする

  • 口を開閉すると耳の前で耳障りな音が聞こえます。
  • カクッという音や、砂利を踏むような音が聞こえます。

これらの症状がいくつかあると、顎関節症の可能性があります。

 

そして、顎関節症の症状には以下があげられます

  • 顎関節の運動時痛(動かしたときに痛い)
  • 顎関節の雑音
  • 開口障害(口が開かない)
  • 顎が疲れる
  • 頭が重い
  • 頭が占めつけられる感じがする
  • 首筋、肩がこる

などといった症状があげられます。

 

これらの、症状が見られたら顎関節症の疑いがありますので

この、顎関節症という症状は、筋肉の異常で起こることが最も多いものになるので一度当院で、眼精疲労というコースで顔全体の筋肉をほぐさせてください!!

今日も最後までブログを読んでいただきありがとうございました。☺☺

ももの花整骨院南福島院🌸

℡0245028212

住所・福島市鳥谷野字舘5番

営業時間・9:00〜11:30

14:00〜19:30

水、土曜日は9:00〜13:30

休診日・日曜、祝日、水・土曜日は午後

.

福島市随一の猫背矯正

.

女性が安心して通える整体院

腰痛、肩こり、骨盤の歪み

・ほぐし、マッサージ

・骨盤矯正、猫背矯正

・産後骨盤矯正

・JOYトレ

・鍼灸治療

・交通事故治療

・パーソナルトレーニング

.

・キッズスペース完備

・保健師在籍

・赤ちゃん、子連れOK

時には自分の身体をいたわる時間を作ってみませんか?

当院にいらっしゃった際はご自身の身体を一番に

考えられるようなリラックスできる環境で

迎えることができたらと思っております。

皆さんが笑顔あふれる毎日を過ごせますよう

スタッフ一同全力でサポートさせて頂きます(^^)🌸

2020.08.03

眼精疲労、目の疲れはありませんか?

みなさんこんにちは!!

みなさんは、目の疲れや目から来るような頭痛などはございませんか?

携帯電話やタブレットが生活の一部になり、また仕事でもパソコンが欠かせない時代です。若い人でも目の疲れを感じる人が増えています。疲れ目とはどのような原因で起こるのでしょうか?眼精疲労とは違うのでしょうか?

今回は、疲れ目の原因やその対策について紹介します。

 

「目が疲れた」という表現をしますが、目の疲れは時に目のかすみやぼやけという形で症状があらわれることもあります。頭痛や肩こり、吐き気のように目とは違った部位の症状を伴うことも考えられます。

では、目が疲れてしまう原因にはどのようなことがあるのでしょうか。

 

疲れ目は通常、目を休めることで回復します。休息をとっても回復せずに、目のかすみ、目のぼやけ、頭痛、吐き気、不眠といった生活にまで支障が出るようになると、眼精疲労と呼びます。眼精疲労に至ってしまう原因は、主に「目の酷使」「眼科疾患」「身体的疾患」「精神的疾患」の4つです。

一番多いのが目の酷使といわれています。仕事や勉強でパソコンを使用するだけでなく、日常でもパソコンやスマホが欠かせません。単に使用時間が長いというだけでなく、画面を凝視することで目の乾燥を招くこともあり、目には大きな負担になっているのです。ほかにも、度の合っていない眼鏡を長期間使用するのも、目を酷使している状態と言えます。

次に、白内障や斜視、ドライアイなど何らかの眼科疾患があるにもかかわらず、きちんと治療をしていないと、眼精疲労の症状があらわれることがあります。近視や遠視、老眼といったメガネが必要なのに、メガネを使用しないでいるのもよくありません。

更年期障害やインフルエンザなど身体的疾患があり、眼精疲労を起こしていることもあります。ストレスは精神的疾患との関係が深いことでよく知られています。ストレスは自律神経の乱れにつながることがあり、眼精疲労が症状としてあらわれることも少なくありません。身体的疾患による眼精疲労でも、精神的疾患による眼精疲労でも、原因となる疾患を治療することが大切です。

 

目を日頃から酷使している人ほど眼精疲労に悩まされがちです。目が疲れる原因を知り、きちんとした対策を行って快適な毎日を過ごしましょう。手軽にできる対策法は多々ありましたが、基本的に十分な睡眠時間と偏りのない食事をきちんとすることは目の健康に欠かせません。

しっかり眠ったのに、疲れ目がとれないとき、目のかすみやぼやけが続くときは、眼精疲労の可能性があります。

当院では、眼精疲労を取る施術もあるので

ぜひ、当院をご利用くださいませ!!

 

2020.07.30

その腰、お尻の痛み梨状筋症候群ではないですか??

みなさんこんにちは!!

突然ですが!みなさんはこんな悩みございませんか??

  • 1.中腰の姿勢でお尻が痛い
  • 2.太ももの裏がしびれる
  • 3.長時間の運転が辛い
  • 4.ゴルフのスイングで痛みが出る
  • 5.梨状筋症候群と診断された

 

では、この梨状筋症候群とはなんなのか、

腰から太ももにかけて伸びている「坐骨神経(ざこつしんけい)」は、骨盤内にある「梨状筋(りじょうきん)」の下を通過します。

この梨状筋が何らかの原因により硬くなり、坐骨神経を圧迫して痛みやしびれなどが出現するものをいいます。

そしてどのような原因で引き起こされるのか

梨状筋は複雑な股関節の動き(回旋運動)に関与している筋肉であり、ゴルフや野球など体を捻る動作の多いスポーツや、中腰での草むしりなどの肉体労働、長時間のデスクワークや長距離の運転などによるオーバーユース(使いすぎ)によって、筋肉の柔軟性がなくなることで坐骨神経を圧迫します。

また、股関節の異常や人工股関節の使用に伴う障害でも、梨状筋症候群を引き起こすことがあります。

 

引き起こされる症状は

坐骨神経の圧迫により、坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)が発症します。

そのため、お尻から太ももの裏側にかけた痛みやしびれ、動かしずらさなど、様々な症状が出現します。

当院での治療といたしましては、不良姿勢によって骨盤が歪んで殿部に負荷がかかる場合、根本的解決方として、骨盤周辺の筋肉を「骨盤矯正」でストレッチし、姿勢の土台となる「インナーマッスル」を複合高周波と呼ばれる特殊な電気で刺激する「JOYトレ」で、しっかりと鍛えていくことで姿勢を根本から改善していきます。

 

さらに自宅でできるケアとして、ストレッチを指導して日常的なケアをしていきます。

梨状筋症候群は放置せず、数多くの患者様から喜ばれ、信頼されているももの花整骨院でしっかりと治療しましょう!!

今日も最後までブログを読んでいただきありがとうございました。☺☺

ももの花整骨院南福島院🌸

℡0245028212

住所・福島市鳥谷野字舘5番

営業時間・9:00〜11:30

14:00〜19:30

水、土曜日は9:00〜13:30

休診日・日曜、祝日、水・土曜日は午後

.

福島市随一の猫背矯正

.

女性が安心して通える整体院

腰痛、肩こり、骨盤の歪み

・ほぐし、マッサージ

・骨盤矯正、猫背矯正

・産後骨盤矯正

・JOYトレ

・鍼灸治療

・交通事故治療

・パーソナルトレーニング

.

・キッズスペース完備

・保健師在籍

・赤ちゃん、子連れOK

時には自分の身体をいたわる時間を作ってみませんか?

当院にいらっしゃった際はご自身の身体を一番に

考えられるようなリラックスできる環境で

迎えることができたらと思っております。

皆さんが笑顔あふれる毎日を過ごせますよう

スタッフ一同全力でサポートさせて頂きます(^^)🌸

2020.07.27

ぎっくり腰のお話!!

みなさんこんにちは!!

本日はぎっくり腰についてお話です!!

みなさんはぎっくり腰は経験ありますか???

私もなったことありますが、なかなか辛いですよね…。

 

そもそもぎっくり腰はどういう症状なのでしょうか???

 

人間の上半身は、全体重の約70%にものぼります。

歩く、走るだけではく、跳ねる、ねじるなど、人間のさまざまな動きを支えているのです。そのときに、重要な役割を果たしているのが上半身と下半身をつなぐ「腰部」です。

腰は日常生活のなかで、多くの動きに耐えながら働いているのでしょう。ぎっくり腰は、日頃の「筋肉疲労」が蓄積し、それがあるときに許容範囲を超えることで、急に発症すると言われています。

腰にかなりの疲労が蓄積している状態で、「前かがみになる」、「重たいものを持ち上げる」、「強く腰をひねる」といった無理な姿勢は、そのままぎっくり腰につながる恐れがあります。

筋肉疲労が蓄積している腰には、
(1)お辞儀をする
(2)立ち上がる
(3)咳やクシャミをする
(4)掃除機をかける
(5)靴を履く
(6)後ろを振り返る
など何気ない動作でも、ぎっくり腰へのトリガー(きっかけ)になるのです。

ぎっくり腰の原因はさまざまで、はっきりしたメカニズムは明らかになっていません。骨に問題あるのではなく、筋肉・筋膜・神経が大きく関係していることは分かっています。椎間板ヘルニアなど重症になる前の「警告」とみる考えもあります。そもそも、腰痛の約85%は「非特異的腰痛(原因が特定できない腰の痛み)」と言われ、ぎっくり腰もその1つです。

 

「ぎっくり腰」の症状は、血液の循環が著しく滞り、筋肉が緊張して凝り固まることで、腰や背中に強い痛みが起こります。激痛は、「腰骨が折れたよう」、あるいは「腰に太い針を差し込まれたみたい」と表現されるほどです。腰に力がまったく入らず、発症してすぐは、起き上がること、座ること、歩くことがほぼできなくなります。

呼吸をするのも痛いくらいです。激しい痛みのため、横になっているのも辛く、夜は眠れない(あるいは眠りが浅い)ことが多いでしょう。腰の強い痛みは、約2〜3日は続きます。発症から約1週間が経過すると、腰の痛みだいぶ和らぎます。そして、約2〜3週間で自然に治るケースが一般的です。

もしぎっくり腰になってしまったら、なるべく腰の運動、ストレッチはするようにしましょう。

長時間寝た状態だと筋肉が緊張してしまう恐れがありますので、症状を長引かせてしまいます。

ぎっくり腰などの症状が出ましたら、是非一度当院にお越しくださいませ!!

2020.07.20

身体と気持ちの関係

みなさんこんにちは!!

今日は気持ちと体についてのお話です

「気持ち」が弱い?

 

「気持ち」の病気になるなんて恥ずかしい、情けない

自分は「気持ち」の弱い人間だ

 

そう感じて、周囲への相談をためらってしまうようなことがありませんか?

 

うつ病や不安障害などの精神的な病気は、「こころ」そのものが弱かったり病んだりすることが原因ではありません。

「こころ」の『疲れ』や『エネルギー不足』とも呼ぶべき状態が高じて、「からだ」の不調として発症することが多いのです。

 

 

「こころ」の疲れ、「からだ」の変化

 

「ストレス」とは、心身に揺さぶりをかけてくる外(環境)からの力です。

 

大きなストレスを受けたり、そう大きくないストレスであっても慢性的にさらされたりすると、「気持ち」や「感情」を含む「こころ」が揺さぶられますね。

このストレスに対抗しようとして、自律神経系や脳が「ストレス対抗モード」に入り、しばらくの間は何とか心身を動かしてくれます。いわゆる「気が張った」状態です。

 

しかし、いつまでも頑張り続けることはできません。限界があります。

頑張り続けて疲れ切ってしまうと、「からだ」に変化が生じます。

 

頭痛・腹痛・めまいといった明らかな身体の不調として現れることもあれば、不安になる・元気がわかないといった、精神面での症状が現れることもあります。

こころとからだのSOSサインです。

 

 

神経や脳の「疲れ」?

 

「疲れ」と表現しましたが、具体的には自律神経系(交感神経・副交感神経)のアンバランスさや、脳の「神経伝達物質(意欲や不安の感じ方に関係する物質)」の乱れや消耗です。

この『疲れ』からくる心身の不調が日常生活に大きく影響するようになると、うつ病や「○○障害」など精神的な病気と診断されることがあります。

 

 

休養は大切、必要に応じて薬も

 

「こころ」「からだ」ともに、エネルギー回復のためにはまずは休養も大切です。

ただし症状がある程度を超えると、薬による治療が望ましいこともあります。

 

身近な例として「熱中症」に例えてみましょう。

のどの渇きや軽い脱水症状ならば、水やスポーツ飲料を飲むだけでも十分でしょう(=休養、生活習慣、環境の見直しなど)。

けれども、程度によっては点滴が必要となることもあります(=薬、入院など)。

 

そのときの症状やタイミングに応じた、適切な治療が大切です。

もし、からだのSOSがあれば、当院への早めの相談をおまちしております!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!!

1 2 3 4 5 6 8
電話お問い合わせ
メールお問い合わせ 予約する