新着情報

2019.08.09

~炎症とは?~

こんにちは!ももの花整骨院南福島院です

今回は炎症についてお話いたします。

ケガをした時、「炎症が起きてるね」と言われることありませんか?

炎症と言われて、なんとなく”腫れてる” ”痛い”というのが思い浮かぶと思います。

では具体的に炎症とは何のことなんでしょうか。

炎症とは4つの要素があります。

まず

1つ目は痛みです。病気や傷などの痛みによる、肉体的な苦しみです

2つ目は腫れです。組織の一部が充血などでふくれる状態です。

3つ目は発赤です。毛細血管が拡張し、組織や皮膚が赤くなる状態です。

4つ目は組織が熱を発し、その部分の温度が高くなります。

この4つの要素が”炎症”になります。

ケガをして、腫れたり、痛みが伴い、痛みの部分が赤く熱を帯びてきたら、炎症をおこしています。

その場合、すぐに冷却をし、痛み等がひどいときは病院にいくことをおススメします。

ケガだけではなく例えばぎっくり腰も酷いときは赤く腫れ、熱を帯びることがあります。

その場合は冷却をし、安静にしてください。

ケガなどは正しい処置の仕方が大切になります。

おかしいなと思ったらすぐに診てもらいましょう。

 

🌸ももの花整骨院南福島院🌸

 

電話お問い合わせ
メールお問い合わせ 予約する予約する