ブログ

2021.09.06

脱臼

皆さん、こんにちは!!

ももの花整骨院パセオ院です!!

今日は脱臼についてお話していきます

脱臼とは、関節を形成している骨が完全に離れた状態です。亜脱臼では、関節の骨の位置が部分的にずれます。多くの場合、脱臼した関節は医師によって元の位置へ戻される(整復される)まで脱臼したままですが、自然に元に戻ることもあります。

関節は筋骨格系の一部で、筋骨格系は骨と筋肉、およびそれらをつなぐ組織(軟部組織と呼ばれる靱帯や腱などの結合組織)で構成されます。筋骨格系は人体を形作り、安定させ、動作を可能にします。

脱臼では、関節の骨が完全に離れています。亜脱臼では、骨が部分的にずれているだけで、完全には離れていません。脱臼には、以下のような他の筋骨格系組織の損傷を伴うことがあります。

  • 骨折:骨はひびが入ったり折れたりすることがあります。多くの場合は、骨折した骨の周囲の組織も損傷を受けます。 

  • 捻挫:靱帯(骨と骨をつなぐ組織)が断裂することがあります。 

  • 挫傷:筋肉が断裂することがあります。 
  • 腱断裂:腱(筋肉と骨をつなぐ組織)が断裂することがあります。 

脱臼、骨折、ねんざ、挫傷(筋骨格系の損傷と総称されます)は、重症度も必要な治療も多種多様です。

脱臼には、開放性脱臼(皮膚が破れている)と閉鎖性脱臼(皮膚が破れていない)があります。

脱臼は通常は腕や脚に生じますが、体の他の部分、例えば顎、首、脊椎などにも起こることがあります。

脱臼の予後(経過の見通し)と治療法は、脱臼の部位と重症度に応じて大きく異なります。

脱臼や筋骨格系の組織の損傷が起こる最も一般的な原因は外傷です。外傷には次のような種類があります。


  • 転倒や自動車事故など、直接的な力が加わって起こるもの 

  • 日常生活で行う動作や振ったり持ち上げたりする動作によって、繰り返し摩耗や裂傷が生じて起こるもの 

  • 運動選手の過剰なトレーニングなどで起こる、体の使いすぎによるもの 

脱臼の重症度は、原因となった外傷の種類と加わった力の強さに左右される部分があります。

まず出血がある場合は真っ先に止血を行い、脱臼の処置はその後になります。出血が無ければ患部が動かないように安静にします。

脱臼は骨折や捻挫と判断が付かない場合もあり、骨折の場合は内出血でショック状態(気を失う・嘔吐する)に陥る場合もあるので、PRICES処置を行った後、医療機関へご来院下さい。

“PRICES”処置は

P:保護(Protect

R:安静(Rest

I:冷却(Ice

C:圧迫(Compression

E:挙上(Elevation

S:安定/固定(Stabilization/Support

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

ももの花整骨院パセオ院🌸

℡024-573-0656

住所・福島市本町2-8

営業時間・9:00〜11:30

14:00〜19:30

土曜日は9:00〜13:30

休診日・木・日曜、祝日、
    土曜日は午後

.

福島市随一の猫背矯正

.

女性が安心して通える整体院

腰痛、肩こり、骨盤の歪み

・ほぐし、マッサージ

・骨盤矯正、猫背矯正

・産後骨盤矯正

・JOYトレ

・鍼灸治療

・交通事故治療

・パーソナルトレーニング

.

・キッズスペース完備

・保健師在籍

・赤ちゃん、子連れOK

時には自分の身体をいたわる時間を作ってみませんか?

当院にいらっしゃった際はご自身の身体を一番に

考えられるようなリラックスできる環境で

迎えることができたらと思っております。

皆さんが笑顔あふれる毎日を過ごせますよう

スタッフ一同全力でサポートさせて頂きます(^^)🌸

南福島院 TEL.024-502-8212
パセオ院 TEL.024-573-0656
予約する