ブログ

2021.08.07

熱中症

こんにちは!!

ももの花整骨院パセオ院です!!

今日は熱中症についてお話したいと思います!

暑さで体温が上昇すると、体にこもった熱を外に逃がして体温を下げようと、汗をかいたり(発汗)、皮ふの血管を広げて体の表面から熱を空気中に逃がそうとしたり(熱放散)します。暑い中では体の表面からの熱放散が難しくなるため、主に汗をかき、汗の蒸発による気化熱で体温を下げようとします。

炎天下や暑い室内で長時間労働やスポーツをすると、体温を下げようと大量に汗をかき、体内の水分・塩分が不足することで、血液の流れが悪くなります。それにより、熱中症の初期症状である、めまいや立ちくらみ、一時的な失神といった熱失神が現れることがあります。その状態で、適切に水分・塩分の補給や身体の冷却が行われないと、脳や消化管、肝臓への血流低下や、それら重要臓器自体の温度上昇により、全身の倦怠感(だるさ)や頭痛、吐き気といった症状が現れてきます。

めまいや顔のほてり

めまいや立ちくらみ、顔がほてるなどの症状が出たら、熱中症のサインです。 一時的に意識が遠のいたり、腹痛などの症状が出る場合もあります

筋肉痛や筋肉のけいれん

「こむら返り」と呼ばれる、手足の筋肉がつるなどの症状が出る場合があります。 筋肉がピクピクとけいれんしたり、硬くなったりこともあります

体のだるさや吐き気

体がぐったりし、力が入らない。吐き気やおう吐、頭痛などを伴う場合もあります

汗のかきかたがおかしい

ふいてもふいても汗がでる、もしくはまったく汗をかいていないなど、汗のかきかたに異常がある場合には、熱中症にかかっている危険性があります

体温が高い、皮ふの異常

体温が高くて皮ふを触るととても熱い、皮ふが赤く乾いているなどの症状も熱中症のサインです

呼びかけに反応しない、まっすぐ歩けない

声をかけても反応しなかったり、おかしな返答をしたりする。 または、体がガクガクとひきつけを起こす、まっすぐ歩けないなどの異常があるときは、重度の熱中症にかかっています。 すぐ医療機関を受診しましょう

水分補給ができない

呼びかけに反応しないなど、自分で上手に水分補給ができない場合は大変危険な状態です。この場合は、むりやり水分を口から飲ませることはやめましょう。すぐ医療機関を受診しましょう

対処法

日差しのあたらない涼しい場所に避難し、水分や塩分をしっかりと取りましょう。高熱が出ている場合や意識がもうろうとしている場合は、危険ですので救急要請をしましょう。

ももの花整骨院パセオ院🌸

℡024-573-0656

住所・福島市本町2-8

営業時間・9:00〜11:30

14:00〜19:30

土曜日は9:00〜13:30

休診日・木・日曜、祝日、
    土曜日は午後

.

福島市随一の猫背矯正

.

女性が安心して通える整体院

腰痛、肩こり、骨盤の歪み

・ほぐし、マッサージ

・骨盤矯正、猫背矯正

・産後骨盤矯正

・JOYトレ

・鍼灸治療

・交通事故治療

・パーソナルトレーニング

.

・キッズスペース完備

・保健師在籍

・赤ちゃん、子連れOK

時には自分の身体をいたわる時間を作ってみませんか?

当院にいらっしゃった際はご自身の身体を一番に

考えられるようなリラックスできる環境で

迎えることができたらと思っております。

皆さんが笑顔あふれる毎日を過ごせますよう

スタッフ一同全力でサポートさせて頂きます(^^)🌸

南福島院 TEL.024-502-8212
パセオ院 TEL.024-573-0656
予約する