ブログ

2021.07.21

野球肘

こんにちは!

ももの花整骨院パセオ院です!

皆さんは野球肘という言葉を聞いたことはありますか?

野球肘とは、投球動作によって起こる肘関節の障害の総称です。

特に成長期の子供が発症しやすく、小学生の野球経験者では20%もの発症率となっています。

野球肘は、何度も繰り返しボールを投げる動作によって肘に過剰な負担がかかり、骨や靱帯などに損傷が起こることで発症します。

痛む部位によって大きく2種類に分けられます。

肘の外側が痛む場合

投球時に肘の外側の骨同士がぶつかることで骨や軟骨が欠けたり折れたりすることが原因となります(外側型野球肘)。

子供の野球肘に多いのがこの外側型野球肘です。

成長途中の子供の骨は軟骨成分が多く、大人と比べると投球による損傷が起こりやすいといえます。

肘の内側が痛む場合

肘の内側にある靱帯や腱・軟骨などに損傷が起こっていることが原因と考えられ、スポーツ選手に多い症状です(内側型野球肘)。

また、投球フォームの悪さや肩・股関節の固さなども発症の要因となります。

下半身の筋力不足で手投げになってしまったり、関節の動きが悪さから体の使い方に無理が生じてしまったりすることが、肘の痛みにつながります。

筋力強化やストレッチを行い、負担の少ない投球フォームを身につけることも重要です。

大人の場合

骨が成熟している大人は、子供と比べると野球肘は起こりにくくなります。

発症する場合は、骨ではなく靱帯の損傷による野球肘が多いです。

痛みはなくても、投球時に思ったように投げられない、抜ける感じがあるなどの違和感があり、検査をしてみると野球肘だったということもあります。

野球肘を発症した場合は、投球を中止して肘を安静にすることが最も重要で、ごく軽度の場合は、投球後のアイシングも効果的です。

しかし、痛みをこらえて投球を続けると症状の悪化につながるため、痛みが続く場合は、触診やエコー検査・レントゲン検査で患部の状態を確認します。

骨変化が認められる場合は、3ヶ月以上の投球中止や、重症であれば手術での治療が必要になることもあります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ももの花整骨院パセオ院🌸

℡024-573-0656

住所・福島市本町2-8

営業時間・9:00〜11:30

14:00〜19:30

土曜日は9:00〜13:30

休診日・木・日曜、祝日、
    土曜日は午後

.

福島市随一の猫背矯正

.

女性が安心して通える整体院

腰痛、肩こり、骨盤の歪み

・ほぐし、マッサージ

・骨盤矯正、猫背矯正

・産後骨盤矯正

・JOYトレ

・鍼灸治療

・交通事故治療

・パーソナルトレーニング

.

・キッズスペース完備

・保健師在籍

・赤ちゃん、子連れOK

時には自分の身体をいたわる時間を作ってみませんか?

当院にいらっしゃった際はご自身の身体を一番に

考えられるようなリラックスできる環境で

迎えることができたらと思っております。

皆さんが笑顔あふれる毎日を過ごせますよう

スタッフ一同全力でサポートさせて頂きます(^^)🌸

南福島院 TEL.024-502-8212
パセオ院 TEL.024-573-0656
予約する