ブログ

2021.06.25

腱鞘炎➁

 

こんにちは!

ももの花整骨院パセオ院です!

前回に続き腱鞘炎(ドケルバン病)についてです!

 

狭窄性腱鞘炎(ドケルバン病)になりやすい人

1.女性(女性ホルモンの変化の影響)

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)は、主に女性に多い疾患と言われています。ホルモン環境の大幅な変化の影響と考えられ、年齢別でみると、発症のピークが2回あると言われています。

1-1.妊娠・出産期(2030)

妊娠・出産期の女性は、「プロゲステロン」という、妊娠の維持に必要なホルモン通常期よりも多く分泌されます。一方「エストロゲン」は減少し、通常とホルモン環境が大きく変化します。このプロゲステロンには、2つの腱を包んでいる腱鞘を収縮させるという作用も持っていることから、腱の滑りを悪くする原因の一つと考えられています。

1-2.更年期(5060)

更年期の女性は、卵胞ホルモンとも呼ばれる「エストロゲン」が、閉経に伴い急激に減少していきます。エストロゲンは、女性らしい体つきを作る働きや、髪や肌の潤いを保つ働きだけでなく、腱や関節を柔軟に保つという作用を持っているため、減少することで腱や腱鞘が炎症を起こす原因になりやすいと考えられています。

2.手の親指や手首を酷使される方

  1. スマホ片手で操作する方(別名、「スマホ腱鞘炎)
  2. パソコン(キーボードやマウス)長時間使用される方
  3. ゲーム(コントローラー)で、親指を酷使される方
  4. 料理人・美容師など手や手首を酷使される職業の方
  5. ピアノなどで指を酷使する楽器演奏者
  6. テニスゴルフなど手を使うスポーツを行う方

など、手の親指や手首を酷使している人は、「」と「腱鞘」に大きな負荷がかかり、炎症が起こりやすく、「ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)発症の原因になりやすいと考えられています。 近年増加している、スマホ(スマートフォン)の使い過ぎによる腱鞘炎のことを、別名「スマホ腱鞘炎」と言います。

狭窄性腱鞘炎(ドケルバン病)のセルフチェック方法

フィンケルシュタインテスト

1.手の親指内側に倒す

2.反対の手親指を掴んで小指側引っ張る

12を行い痛みが増したら、狭窄性腱鞘炎(ドケルバン病)の可能性があります。

症状を緩和するためには、誘因となった作業や運動、スマートフォンの使用などをできるだけ控え、患部を安静にすることが最優先です。

また予防のためには、手や指、特に親指の使い過ぎに注意することが重要です。パソコンやスマートフォンの操作のし過ぎ、家事による手指の酷使、手首を使うスポーツ、楽器の演奏などには要注意です。また、手や指を使った後はストレッチを行うことが重要です。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

ももの花整骨院パセオ院🌸

℡024-573-0656

住所・福島市本町2-8

営業時間・9:00〜11:30

14:00〜19:30

土曜日は9:00〜13:30

休診日・木・日曜、祝日、
    土曜日は午後

.

福島市随一の猫背矯正

.

女性が安心して通える整体院

腰痛、肩こり、骨盤の歪み

・ほぐし、マッサージ

・骨盤矯正、猫背矯正

・産後骨盤矯正

・JOYトレ

・鍼灸治療

・交通事故治療

・パーソナルトレーニング

.

・キッズスペース完備

・保健師在籍

・赤ちゃん、子連れOK

時には自分の身体をいたわる時間を作ってみませんか?

当院にいらっしゃった際はご自身の身体を一番に

考えられるようなリラックスできる環境で

迎えることができたらと思っております。

皆さんが笑顔あふれる毎日を過ごせますよう

スタッフ一同全力でサポートさせて頂きます(^^)🌸

南福島院 TEL.024-502-8212
パセオ院 TEL.024-573-0656
予約する