ブログ

2020.10.17

寝違えについて! (原因編)

こんにちは!!

ももの花整骨院南福島院です☺

 

今日は身近に起こる炎症

   寝違え

についてお話していきたいと思います!

今日は寝違えの原因についてお話していこうかと思います!

私たちが「寝違え」と呼んでいるものは、医学的には「急性疼痛性頸部拘縮」「急性頸部痛」などと呼ばれています。頸部(首)のあたりに起こる炎症、という意味ですね。

 

では、寝違えの原因とは何があるでしょうか??

実は、寝違えの原因は1つに特定できるものではありません。いくつかの要素が考えられるので、1つずつご紹介します。

・姿勢が悪い

皆さんが寝違えの原因でパッと思い浮かぶのは「寝ている時の姿勢が悪いから」ではないでしょうか。悪い姿勢は筋肉に多大な負担をかけますから、こちらはもちろん重大な原因の1つです。

不自然な姿勢で長時間過ごすことによって、筋肉のねじれが起こったり神経や血管が圧迫されたりして痛みが発生します。普段であれば寝返りをうつなどして自然に回避しているのですが、疲労がたまっていたりソファで寝たりするとそれもできなくなり 寝違えの原因になってしまうということですね。

寝ている時だけではなく、起きている時の姿勢も注意が必要です。特にデスクワークなどで、ずっと同じ姿勢でお仕事をしているという方は、筋肉が固まってしまって寝違えの原因に繋がってしまうこともありますよ。

 

・血行不良

血液は身体全体に流れており、老廃物などを流してくれる役割を負っています。つまり、血行不良が起こると老廃物が溜まってしまいます。この状態で筋肉に疲労が溜まることが、寝違えに繋がるのです(肩こりや腰痛の原因としてよく知られていますよね)。

血行不良を防ぐにはお風呂に入ったりマッサージをしたりして身体を冷やさないことが第一ですが、運動不足や食生活の乱れがないかどうかも振り返って考えてみると良いでしょう。

・突然運動をする

普段運動をしていない人が突然激しい運動や労働をすると、その夜寝違えることが多いと言います。これは、突然の運動に筋肉が痙攣を起こしているのです。わかりやすく言うと、こむら返りと同じような現象ですね。

 

・神経の圧迫

最後は「腋窩神経(えきかしんけい)の圧迫」です。聞きなれない神経かと思いますが、漢字の通り腋の神経のことです。

寝違えといえば首回りの痛み……というイメージから首回りに原因があると考えている人が多いですが、実はこの腋窩神経が寝違えの黒幕だとも言われています。腋窩神経は首を支える筋肉に繋がっている重要な神経で、ここが圧迫された姿勢で寝たりすると首が痛むのだそう。目から鱗ですよね。

いくら首の体勢に気をつけても寝違えるという皆さん、今日からは腕の位置に気をつけてみてはいかがでしょうか?

電話お問い合わせ
メールお問い合わせ 予約する